無線LANについて
    
    2012年2月29日より,全ての建屋で無線LANが利用できるようになりました。

    一般用,研究用,教職員用の無線LANが用意されています。
    学生,教職員ともに通常は「一般用」無線LANをご利用ください。

2012年2月29日より,全ての建屋で無線LANが利用できるようになりました。

一般用,研究用,教職員用の無線LANが用意されています。
学生,教職員ともに通常は「一般用」無線LANをご利用ください。


 
  SSID
 認証方式
 特    徴
 一般用 NIFS-WIFI Web認証  接続が簡単です。 
 NIFS-WIFI.1x  802.1x  自動接続が可能です。 
 研究用 NIFS-research Web認証  グローバルIPアドレスが割り振られます。
 TV会議等特別なネットワーク接続が必要な
 場合に利用してください。
 事前に登録が必要です。 
 NIFS-research.1x 802.1x 
 教職員用 NIFS-faculty Web認証  教職員専用のネットワークに接続されます。
 教職員専用ネットワークに接続が必要な場合
 に利用できます。(現在ではこのネットワークを
 利用する必要はありません) 
 NIFS-faculty.1x 802.1x 



NIFS-WIFIへの接続方法
ネットワークに接続後ブラウザに以下のような認証ページが表示されます.スポーツ情報センターのIDとパスワードでユーザ認証を行ってください。
なお,NIFS-WIFIでは通信の暗号化を行っておりませんので,重要なデータの送受信にはご注意ください。
    ネットワークに接続後ブラウザに以下のような認証ページが表示されます。スポーツ情報センターのIDとパスワードでユーザ認証
    を行ってください。
    なお,NIFS-WIFIでは通信の暗号化を行っておりませんので,重要なデータの送受信にはご注意ください。

    認証画面は以下のようになります.パスワード入力の際には,サーバ名やサーバ証明書をご確認ください。

    <Windows + IEの場合>

                        win
           
    <MacOSの場合>
                     mac          

認証画面は以下のようになります.パスワード入力の際には,サーバ名やサーバ証明書をご確認ください。

 Windows+IEの場合

MacOSの場合



NIFS-WIFI.1xへの接続方法

    NIFS-WIFI.1xネットワークでは,IEEE 802.1xでの認証によりネットワーク接続できます.これにより接続のたびにIDとパスワード
    を入力する必要がなくなり,無線LANエリアに入ると自動的にネットワークに接続できるようになります。
     
※ 注意! 利用者の認証情報を端末(パソコンやスマートフォンなど)に記憶させることになりますので,共用の端末ではこの
               接続方法を利用せず,個人の端末のみで設定してください!


<手順>

    1.ワイヤレスネットワークの設定から,ネットワーク名NIFS-WIFI.1xの設定に進みます。
    2.ネットワーク認証方式は「WPA2」, データの暗号化は「AES」です。
    3.EAPの種類は「保護されたEAP(PEAP)」です。

iPhone, iPadでの接続手順
    1.「設定」→「Wi-Fi」→「NIFS-WIFI.1x」を選択する。 
    2.ユーザー名とパスワードはスポーツ情報センターのものを入力します。 

Android端末での接続手順
    1.「設定」→「無線とネットワーク」→「Wi-Fi設定」→「NIFS-WIFI.1x」を選択する。 
    2.EAP方式「PEAP],フェーズ2認証「なし」,CA証明書「(指定なし),ユーザー証明書「(指定なし)」,IDに「センターのID」,匿名ID
    3.「空欄のまま」,パスワード「センターのパスワード」を入力します。 

MacBookでの接続手順
    1.「システム環境設定...」→「ネットワーク」→「Wi-Fi」 
    2.ネットワーク名「NIFS-WIFI.1x」を選択 
    3.セキュリティ「WPA2エンタープライズ」,モード「自動」,ユーザ名とパスワードを入力 

Windows 7での接続手順(例)
    1.コントロールパネルから「ネットワークとインターネット」「ネットワーク共有センター」から「新しい接続またはネットワークのセット
        アップ」を開く 
    2.「ワイヤレスネットワークに手動で接続します」を選択 
    3.ネットワーク名に「NIFS-WIFI.1x」,セキュリティの種類「WPA2-エンタープライズ」,暗号化の種類「AES」,「ネットワークが
        ブロードキャストを行っていない場合でも接続する」にチェックを入れ「次へ」
    4.「正常にNIFS-WIFI.1xを追加しました」と表示されます.「接続の設定を変更します」を選びます。
    5.「セキュリティ」タブの「詳細設定」を選択し,「802.1Xの設定」タブの「認証モードを指定する」をチェックし「ユーザー認証」を選択
        します。「資格情報の保存」からIDとパスワードを入力します。
    6.OKを押してすべて閉じます。
         ※ Security Communication RootCA1に関する警告が表示される場合には,ルート証明書の更新が必要です。Microsoftダウン
              ロードセンターの「ルート証明書の更新プログラム」をダウンロードして実行してください。