電子メールの利用方法について 最小化 平成24年4月から稼働する新しい電子メールサービスの利用方法についてご紹介します。新電子メールサービスでは保存可能な容量も増え(学生4GB,教員10GB),Exchange2010サーバの採用により学内・学外を問わずパソコンやMac,スマートフォンから利用できるようになりました。 

最新情報は メール設定マニュアル をご覧ください。
    平成24年4月から稼働する新しい電子メールサービスの利用方法についてご紹介します。
    新電子メールサービスでは保存可能な容量も増え(学生4GB,教員10GB),Exchange2010サーバの採用により学内・学外を問わず
    パソコンやMac,スマートフォンから利用できるようになりました。
    最新情報は メール設定マニュアル をご覧ください。
  
    ※ その他、電子メールのサポートメニューはこちらから

方法1:Microsoft Outlook

    Exchange2010サーバの全機能を利用できるため最もお勧めの方法です.情報処理演習室パソコンでの標準ソフトです。個人用PC
    でも設定すれば学内外を問わず利用できます。Microsoft Outlook 2010, 2007, 2003が利用可能です。
    ■ Outlook設定マニュアル 
 
方法2:Webメール

    インターネット環境とWebブラウザがあればどこからでも利用できます.新バージョンでは機能も増えました。Outlookをお持ちでない
    場合にはWebメールをお勧めします。
    アドレスは  
https://email.nifs-k.ac.jp/OWA/ です。

方法3:スマートフォン/iPhone

    スマートフォンやiPhone, iPadでもメールの送受信や予定表の同期が可能です。
     ※ 携帯電話(フィーチャーフォン)から接続するOutlook Mobile Accessは廃止となりました。 

    Android設定マニュアル    iOS設定マニュアル
     ※ 「コーポレート」が無い場合「Exchangeアカウント」を選択します。

方法4:Mac OS X

    Mac OS X に標準で搭載されているMail や,Microsoft Outlook 2011からも接続できるようになりました。学内外で利用可能です。

  • 学内から設定する場合
  1. システム環境設定>インターネットアカウント から Exchangeアカウントを選択します.
  2. メールアドレスとパスワードを入力します.
  3. そのコンピュータを学外に持ち出して接続することがある場合は,追加設定が必要になります.
    Mailを起動して メール>環境設定>アカウント>Exchange>サーバ設定 から「接続設定を自動的に管理」のチェックをはずし,外部URL欄にhttps://email.nifs-k.ac.jp/EWS/Exchange.asmx と入力し保存します.
設定1設定3

  • 学外から接続設定する場合
  1. システム環境設定>インターネットアカウント から Exchangeアカウントを選択します.
  2. メールアドレスとパスワードを入力します.
  3. アカウント名またはパスワードを確認できません。”と表示され,詳細設定画面に誘導されます.以下の情報を入力してください.
    内部URL https://ex2010.kanoya.nifs-k.ac.jp/EWS/Exchange.asmx
    外部URL https://email.nifs-k.ac.jp/EWS/Exchange.asmx
  4. Mailを起動して メール>環境設定>アカウント>Exchange>サーバ設定 から「接続設定を自動的に管理」のチェックをはずしておきます.
設定

    ■(古い) メール設定マニュアル

方法5:POP, IMAP, SMTP

    教職員を対象としたサービスです。教職員・研究用ネットワークからのみ利用可能です。セキュリティ上の観点から将来的には縮小・
    廃止を検討しています。 
    ■ POP, IMAP, SMTP用情報